恋のゴールドメダルのあらすじ

恋のゴールドメダルのあらすじ!全話見放題で楽しめる動画配信サービスはこれだ!

恋のゴールドメダルのあらすじ

 

「恋のゴールドメダル」のストーリー

21歳で国内選手権金メダル取得のキムボクジュと水泳で新記録を出し金メダルを取ったチョンジュニョン。

 

同じ小学校出身で、ジュニョンはボクジュに助けられた過去があり、偶然に同じ体育大学に通っていることを知ります。

 

ジュニョンはボクジュを思い出し、太っちょだったボクジュが可愛くなっているので、会う度にからかいます。

 

一方、ボクジュは雨の日に傘を貸してくれた先生に一目惚れ。先生はジュニョンの従兄でした。

 

第1話あらすじ

キムボクジュは重量挙げ、チョンジュニョンは水泳で、ハヌル体育大学に通い、それぞれ国内選手権で金メダルを獲得、将来を期待されています。

 

ジュニョンは水泳の試合で構えの姿勢の時に耳鳴りを感じ、フライングし失格になります。

 

重量挙げ部はイベントの椅子運び&並べをさせられ、新体操部に嫌がらせをされます。

 

寮で新体操部の洗濯物やボクジュが金メダルを獲った時に着ていたTシャツが無くなり、怪しい男を見かけたボクジュたちは間違えてジュニョンを捕まえます。

 

真犯人が捕まり、ボクジュは疑ったことを謝ります。新体操で全国代表オーディション一回戦敗退したソンシホは、特別選手村テルンからハヌル体育大学の学生寮に戻り、ボクジュのルームメイトとなります。

 

ジュニョンのハンカチを拾い、返そうとプールサイドに行ったボクジュは、弾みでプールに落ち、ジュニョンに助けられます。

 

(幼少期の回想…)ボクジュはジュニョンが二階の窓拭きをしていて落ち、ボクジュがナイスキャッチしたのでした。

 

第2話あらすじ

(幼少期の回想…)運動会の競争でバトンを落とし、逆走してクラスメイトにいじめられ、ジュニョンは二階の窓から落ちたところ、下に居た太っちょボクジュの上に落ち、無事でした。

 

ジュニョンはボクジュを思い出し、太っちょと馴れ馴れしくつきまといます。重量挙げ部は学校側から予算削減され、コーチの手製キンパブを食べ食中毒。

 

ジュニョンがチキンのデリバリーを頼んだことからボクジュの店を知り、友達を連れて来るようになります。

 

ジュニョンはカナダにいる母を思います。雨の中、傘を貸してくれたジュニョンの従兄に、ボクジュは一目惚れ。

 

交差点で彼を見つけ追いかけると、肥満クリニックの先生でした。

 

勇気を出して診察を受け、重量挙げのクラスメイトに教わった、付き合いたい相手に言う文句、「メッシ好きですか」と言ってみます。

 

第3話あらすじ

先生の特別コースを取るのに59万ウォンが必要と知ったボクジュは、ハイキングで賞金を狙いますが、ジュニョンにからかわれ、足首をひねって怪我し、賞金を獲得し損ねます。

 

叔父が演技の仕事で得た報酬でスクーターを買ったので、父がスクーターのために貯めていたお金をボクジュに渡し、ボクジュは先生の特別コースに申し込みができることに。

 

ジュニョンは元カノのシホに呼び出され、復縁を求められますが、断ります。飲み屋で喧嘩し、男らに追いかけられたボクジュの手を取ってジュニョンは走り、眺めの良い場所に逃げて、2人は思い出話。

 

ボクジュに可愛くなったなと本音のジュニョン。寝ても覚めても、先生のことを考えていたボクジュに、先生からメッセージ。

 

「考えてみたら、メッシよりロナウドのほうが好きです」舞い上がるボクジュ。

 

恋のゴールドメダルの登場人物

チョンジュニョン (ナムジュヒョク)

両親が薬屋を営む従兄家族と生活していて、母親はカナダにいます。

 

水泳が優秀で金メダルも獲得したことがありますが、ストレスで試合中に症状が現れフライングで失格になり、カウンセリングを受けています。

 

イソンギョン (キムボクジュ)

重量挙げをやっていた父親について行って、金属の匂いが好きで重量挙げを始めるように。

 

自分が女性であることにコンプレックスを持っていて、一目惚れした医師に重量挙げをやっていると言えず、チェロをやっていると嘘をついてしまいます。

 

イジェユン (チョンジェイ)

ジュニョンの従兄で、肥満クリニック医師。自身のクリニックを持っています。

 

体重管理のためボクジュの担当医になります。クラシック音楽が趣味で、クリニックのデスクの上にチェロを弾く女性の置物を置いています。

 

「恋のゴールドメダル」の見どころ

イケメンで背が高く肉体美のナムジュヒョクと、「世界で一番美しい顔」にノミネートされたこともある整った顔立ちのイソンギョン。

 

一つひとつのシーンが絵になる美しいカップルです。特に2人のシルエットに魅入ってしまいます。

 

さらに、ジュニョンの元カノ、ボクジュの一目惚れの医師やその彼に思いを寄せる女性医師も巻き込んで、恋の行方に目が離せなくなります。

 

イソンギョンは優雅で上品な役の時もありますが、このドラマではアスリートなので、身軽にコミカルに可愛い仕草がたくさん見られます。

 

特に、重量挙げのシーンは彼女自身が演じていて、最後に踏ん張る表情が強烈にキュートです。

 

出演キャストの他の出演ドラマ

ナムジュヒョク「ハベクの新婦」「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」「麗?花萌ゆる8人の皇子たち」イソンギョン「アバウトタイム?止めたい時間」「ドクターズ?恋する気持ち」「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」イジェユン「ハート・トゥ・ハート」「ピョン・ヒョクの恋」キョンスジン「メロホリック」イジュヨン「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」チョへジン「想像ネコ?僕とポッキルと彼女の話」アンギルカン「推理の女王2」オウィシク「ロマンスは別冊付録」カンギヨン「キム秘書がなぜそうか?」チェムソン「逆賊?民の英雄ホン・ギルドン」チャンヨンナム「空から降る一億の星」チイルジュ「フンナムジョンウム」チェウン「あなたが憎い!ジュリエット」ユダイン「もう一度ハッピーエンディング」ユンユソン「おしえて!イルスン」パクウォンサン「W?君と僕の世界」イジョンソク「ピノキオ」ソヒョン「時間」

 

恋のゴールドメダルのSNSでの評判

 

 

 

 「恋のゴールドメダル」の注目してほしいところ

韓国料理が好きなので、ボクジュたち重量挙げ部の打ち上げで食べるシーンがよく出てきて嬉しいです。

 

カルビの食べ方がフルコースしっかり解説付きで描写される場面もあり、食レポ好きな方には注目していただきたいです。

 

ボクジュの父と叔父が営むボックチキン店は、外装もツタが絡まる可愛いお店で、ぜひ注目していただきたいです。

 

チキン店のオープンスペースで、特別出演のイジョンソクがポップコーンを頼む客として出ています。

 

「あなたが眠っている間に」で共演したことのあるカンギヨンとの、ジョークたっぷりの絡みが面白いです。

 

 

韓流ドラマ見るならU-NEXTがおすすめな3つの理由


楽天TVや、Netflix、Amazonプライム・ビデオなどいろいろな動画サービスがありますよね。

 

そんななかでも韓流見るならU-NEXTがダンゼンおすすめなのには、理由があるんです!!

 

1.見放題作品が他社に比べ圧倒的に多い!


各社韓流ドラマを取り扱っていますが…

 

U-NEXTの取り扱い数は、他社と比べても圧倒的に多いんです!

 

見放題 レンタル
 U-NEXT  765  80
 楽天TV  366  240
 dTV  190  25
 TUTAYA TV  129  96
 Amazonプライム  75  58
 Hulu  46  0

※2019年4月時点

 

取り扱い数が多いだけでなく、見放題の割合が多いのも嬉しいですよね。

 

月額料金だけで、ほとんどの作品が見放題。さらに、新作などのレンタル対象商品も毎月もらえる1200円分のポイントで見れちゃうのでコスパが圧倒的にいいのがU-NEXTです!

 

2.独占配信が多い!


見れる韓流ドラマの本数からもわかりますが、U-NEXTは韓流に力をいれています。

 

な・の・で!独占配信も多数取り扱っています。

 

独占配信なので、対象の韓流ドラマが見れるのは、Amazonでも、楽天TVやでもなくU-NEXTだけ!

 

どんどん新作の胸キュンドラマも増えているので、ぜひチェックしてみてください!!!

 

3.毎月1200ポイントで新作も見れちゃう!

 

U-NEXTはお試し期間中に、600円分のポイントが、そして翌月からは1200円分のポイントがもらえます。

 

もらったポイントはレンタルや、書籍の購入に使えるので他の気になる韓流ドラマもこれで楽しんじゃおう!

 

U-NEXTの無料体験申し込み手順

U-NEXTの体験申し込みの手順を紹介します!

 

カンタン3つのステップ、1分で登録完了で1か月じっくりお試しできるので、登録してみてくださいね。

 

 

『まずは31日間無料体験』をクリックします。

 

『次へ』をクリックします。

 

氏名やメアド、パスワードを入力します。

 

『次へ』をクリックします。

 

特典の内容を確認します。。

支払い情報を入力します。

 

支払い方法は、クレジットカードもしくはキャリア決済になります。

『送信』をクリックします。

無料体験申し込みが確定しますので、入力ミスがないか確認しましょう。

 

 

このページの先頭へ戻る